トップへ
 
攻略のメモ

悪代官のステージごとの攻略は面倒くさくなったので、
基本的なコトだけですがどうぞ。

一部否定的なことも書いてありますが、たまにやり直すと新しい発見があって暇つぶしには良いです。
もちろん、はじめてやるときにはムービーが面白いし。
ただし、一人プレイ用だけど一人でやるゲームではないと思います。
 
用心棒操作(ステージ1攻略)
このゲームはお馬鹿なムービーを売りにしていながらステージをクリアーしないと先には進めず、
コツをつかまないとステージクリアーが難しいというどうしようもないものです。
私が最初にプレイしたときはステージ1で普通に負けました。
1番てっとり早い序盤のステージ攻略法は正義の味方(以下正義)の進入口に全用心棒を配置することです。
ステージ1では正義の入ってくる土間の部分にやせ浪人を50人ほど配置してやればOKです。
ちなみにやせ浪人だけだと資金の5万両は使いきれないと思うので、余った分は燭台や油壺・岩石の母などに。
この準備シーンの罠・用心棒準備金は独立採算制(!?)で余らせても次ステージなどへの引継ぎは無いので派手に使いましょう。
戦闘シーンに入ってまずすることは△○ボタン同時押しで「出会え、出会え」と叫ぶこと。
なぜならこの用心棒達は視界がせまく、隣に立っているヤツが正義に斬られてても気づかないからです。
出会えと叫んだら急いで正義の方へ。
ついたころには用心棒は行儀良く1列に並んで斬られているかもしれません。
そのままでは当然ですが用心棒達は斬られる一方なので、はさみ打ちにもっていく必要があります。
悪代官の指令を聞くのは武器を構えている用心棒だけで、順番待ち(待機中)のヤツには指令が出せません。
そのため武器を構えている用心棒のそばに行き、○ボタン*2で「続け」で金魚のフンのようについてくる用心棒を誘導。
はさみ打ち出来る方向まで来たら、もう一度△ボタンを押して「かかれ」の指示を出します。
はさみ打ちしていたらステージ1の正義はおそらくすぐ死ぬでしょう。

このゲームではステージクリア評価で資金が獲得出来、資金を使って罠開発や用心棒雇用を行います。
評価の内容は連鎖回数や死人が何人出たかなどですが、
代官の攻撃(□ボタン攻撃)で正義を倒した場合には+3000両査定。
死んだ用心棒の落とす小判を拾うことでひとつあたり+20〜50両の査定があります。
ステージ1では罠の連鎖や悪代官のとどめ攻撃は期待できないのでいかに小判を拾うかということになります。
とりあえず悪代官の隣部屋にやせ浪人10人程度配置して、残りは土間に折助を全力で配置。
ステージの一番右を走る廊下に仕掛燭台を置いて(スイッチは悪代官側に)正義の集中力が切れてきたら着火。
正義から逃げ惑う折助によってスイッチを入れる前に着火してしまうかもしれませんが、正義に火がつきさえすればそれで良いです。
折助達が燃え尽きたら「出会え」で用心棒達に正義の相手をさせ、その間に小判回収。
ステージ1クリア時に開発する罠のおすすめは仕掛槍と悪代官人形です。


 
罠連鎖
罠は連鎖数が多いほど総合ダメージが大きくなりますが、連鎖数を増やしていくと精密な動作が必要になって罠にはめる難易度が馬鹿高くなります。
ステージがクリアーできれば良くて、そこまでやり込みたくもないという人向けに簡単な罠配置を。
正義をダウンさせると連鎖がとぎれやすいので、できるだけダウンさせないように組んでいます。
ちなみにこの方法は個人的に簡単で気に入ってるだけなので効率が良いというワケでは多分ないです。
正義→木発動仕掛槍 虎ばさみ木製囮人形←火吹童子←大筒
  (追加1) ↑岩石の母茶運はね火吹発動大筒発動

上の例は2マス通路での連鎖例です。
略字と罠の詳細はそれぞれ、
正義→正義味方の進行方向 木発動木製囮人形のスイッチ
仕掛槍慣れると梅竹松を並べると吉。 虎ばさみ最大威力のものを。
木製囮人形木製じゃないとダメ。 ←火吹童子虎ばさみの方へ向ける。最大威力のモノを。
←大筒虎ばさみの方へ向ける。松はダメ、梅か竹を。 ↑岩石の母虎ばさみの方へ向ける。最大威力のモノを。
茶運はね茶運人形はね。はね以外はダメ。 火吹発動火吹童子のスイッチ。
大筒発動大筒のスイッチ。 岩石発動マスが足りなかったけど、大筒スイッチの隣に配置。

手順
悪代官で正義を罠地帯へ誘導。木製囮人形のスイッチを入れる。
悪代官が仕掛槍・虎ばさみ・木製囮人形地帯を通過。そこで待機。
正義が槍を踏んで、虎ばさみにかかる。
悪代官火吹童子スイッチへ移動。
正義木製囮人形に斬りつけ混乱。
悪代官火吹童子のスイッチを発動させ、正義を火ダルマに。
さらに大筒のスイッチを発動、最後に岩石の母を発動させる。
これに悪代官による直接攻撃を加えれば計8連鎖となる予定。
発展例としては仕掛槍の前方に落とし穴、撞木↑(上が壁であること)(梅・竹・松の3種類を並べるのもアリ<未確認>)、
仕掛槍(梅・竹・松の3種類を並べるのもアリ<未確認>)、上記表の(追加1)にサド桶を配置し、岩石の母発動前に組み込むこと。
撞木と仕掛槍は罠のレベルで地獄名が異なるので、別々の連鎖として数えられたような気がします。


 
用心棒
用心棒の系統ごとの能力。
部下系
足軽家臣
特徴
・罠のスイッチを発動させない。
・悪代官が指令を出さない状態では後ろをついて回る。
・(ステージ上に配置できない)
・準備シーンでは一度に配置できる罠は部下の数まで。
準備ではずすことが出来ず、2種類雇うことも出来ない。
・戦闘力は同ランクの浪人程度。
折助系
折助先輩折助折助あにき
特徴
・罠のスイッチを発動させる。
・戦闘力は雑魚。
・攻撃を受けると一定距離逃走する。
・折助は火をつけて資金を回収するのに大活躍。
浪人系
やせ浪人素浪人目録持ち浪人
特徴
・罠のスイッチを発動させる。
・戦闘力は標準。
力士系
幕下くずれ幕の内くずれプロレス転向
特徴
・罠のスイッチを発動させる。
・戦闘力は標準。
・(攻撃力は浪人なみ、攻撃頻度は浪人より低く、耐久力は浪人より高い)
・集団で燃える姿がたまらない。
先生系
先生免許皆伝剣豪
特徴
・罠のスイッチを発動させる。
・戦闘力は最強。
・できるだけ罠に巻き込みたくない。
忍者系
下忍黒はばき組黒すきノ者
特徴
・罠のスイッチを発動させない。
・戦闘力はそこそこ。
・手裏剣による遠距離攻撃が出来るが、耐久力は低め。
槍系
香車侍杉山流宝蔵院流
特徴
・罠のスイッチを発動させる。
・戦闘力は先生系に次ぐ。
・槍でリーチが少し長い。